auのAndroid端末でアドレス帳のデザインを統一へ。VoLTE、シンクコールを使いやすく

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは29日、今年の夏モデル以降のau VoLTE対応Android端末から、アドレス帳における詳細画面デザインを統一すると発表した。これにより、機種変更等で利用機種が変わった際の違和感や不便を解消するという。

シンクコールのステータスがアドレス帳に表示される

さらに、au VoLTEには、「画面シンク」「カメラシンク」「位置シンク」「手書きシンク」といった、スマートフォンの画面を共有しながら音声通話ができる「シンクコール」という機能がある。

このシンクコールについて、通話相手が対応しているかどうかを発信前にアドレス帳で確認することができるようになっている。

シンクコールはau VoLTEのサービスなので、そもそも相手が高音質通話のVoLTEに対応しているかどうかももちろん分かる。アドレス帳に登録された電話番号がシンクコールに対応している場合、電話番号の部分にシンクコールの文字とアイコンが表示される。



また、アドレス帳アプリを起動することなく、通知エリアから、よくかける連絡先に発信することができる。

シンクコールで共有したい画面からすぐに発信できるので、より手軽に画面シンクを利用できるということだ。


【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑