Motorola、好みのパーツを選んでスマートフォンを作る「Project Ara」構想を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Motorola Mobilityは米国時間28日、オープンなスマートフォン・ハードウェアのプラットフォーム構想となる「Project Ara」を発表した。このProject AraはCPUやディスプレイ、カメラ、バッテリーなど、スマートフォンのハードウェアを構成する各パーツ(以下、モジュール)を好みに合わせて選択し、組み合わせるだけでカスタム・スマートフォンを作れるようにするプラットフォーム。

Project Araのイメージ。様々なモジュールを組み合わせるだけでスマートフォンを構築できる。

AndroidはモバイルOSとしてオープンなプラットフォームであり、端末メーカーや各デベロッパーが自分の考えで機能を追加するなど、好みに応じたカスタマイズが可能だが、このProject Araはそのハードウェア版に相当するものとなる。

Project Araでは様々なモジュールを選択し、スマートフォンへと組み上げていくわけだが、各モジュールは「endoskeleton」(以下、endo。内骨格)と呼ばれるフレームに組み込み、最終的にスマートフォンが構築される。モジュールの選択肢は豊富だ。前述したようにCPUからバッテリー、キーボードまで多岐に渡り、中にはPulse Oximeter(脈拍などを測る医療機器)などもある。

モジュール組み換えだけで手軽にスマートフォンのハードウェアを制作できるプラットフォームが誕生すれば、各メーカーにとってもスマートフォンの開発サイクルの短縮化が図れる可能性があり、また革新的なアイデアを促す手助けになることも期待される。

同じようなカスタム・スマートフォンを制作できるプロジェクトにオランダのDave Hakkens氏による「Phonebloks」がある。このプロジェクトは各モジュールをブロックとして捉え、やはり好みに応じてブロックを組み合わせるだけでカスタム・スマートフォンを作り上げることができる、というものだ。Phonebloksについては下に掲載した動画で概要を確認できる。



MotorolaはProject Araを進めるにあたり、Phonebloksと協力していくことも明かしている。MotorolaはPhonebloksに賛同するコミュニティと協力しつつ、今冬をめどにモジュールの開発キットとなるMDK(Module Developer’s Kit)のα版(アルファ版)をリリースする予定だ。

【情報元、参考リンク】
Motorola Mobility Blog/Goodbye Sticky. Hello Ara.
【コメント】 1 件
  1. どうなんだろ、需要あるのかな。わざわざパーツを選ぶメリットがわからないです。

    2013年10月30日 16:46

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑