LINEで青少年ユーザーの保護のため18歳未満のユーザーのID検索の利用制限を強化

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
無料通話・無料メールアプリ「LINE」を提供するLINEは25日、青少年ユーザーの保護を目的として、NTTドコモとソフトバンクモバイルのAndroid端末を利用する18歳未満のユーザーを対象に、LINE ID検索の利用制限を開始すると発表した。利用制限の開始は30日より行われる予定。

なお、au(KDDI)のAndroid端末を利用する18歳未満のユーザーを対象とした利用制限はすでに実施済みのため、30日以降はNTTドコモとau、ソフトバンクモバイルの3社が全て対象になるということだ。

この取り組みは通信キャリアから提供される「年齢判定サービス」を活用して行われる。通信キャリアはSNSなどのコミュニケーションサービスを運営する企業などに、年齢判定情報を提供しており、例えば、18歳以上かどうかなどの判定情報をLINEも入手することができる。

これにより、LINEではユーザーが18歳未満かどうかを判定し、ID検索の利用制限を掛ける。

具体的には、18歳未満のAndroid端末のユーザーは、LINE IDの設定・検索を利用できなくなる。さらに、他人が18歳未満のユーザーのLINE IDを検索しても、検索結果に表示されないため、友人募集を目的とした非公式サービス「スマートフォン向けアプリやウェブサイト」において、青少年ユーザーがLINE IDを交換することによるトラブルを防ぐことが可能と期待される。

今後はAndroid端末に加えて、iPhoneにも導入される予定となっている。

【情報元、参考リンク】
LINE/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑