外付けHDD感覚で使える容量無制限のオンラインストレージ「Bitcasa」が日本で正式サービス提供開始。Android、iPhoneにも対応

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Bitcasa, Incは28日、アジア及び日本においてオンラインストレージサービス「Bitcasa Infinite Drive」(以下、Bitcasa)の提供を開始すると発表した。以前から日本でも利用自体は可能だったが、今回の正式サービス提供開始に伴い、日本語にも対応した。

BitcasaのAndroid版

Bitcasaは、Windows PC、Mac、Linuxのほか、AndroidやiOS端末からもアクセスできる。Bitcasa最大の特徴は、有料ながら容量無制限でストレージを利用できることだ。価格は月額10ドルもしくは年額99ドルと、年額払いの方が長期利用する場合はおトクだ。

また、無料アカウントでも10GBまでのストレージ容量を利用することができる。

そのため、関心のある方はまず無料で利用し、機能や使い勝手を試してみればいいだろう。

クラウドストレージサービスでは「Dropbox」や「SugarSync」など、有力なサービスがいくつかあるが、Bitcasaはそれらとは種類が若干異なるサービスで、どちらかといえば、ネットワーク上に自分用の外付けHDDがあるようなイメージになる。

写真や動画など、大容量のデータを多く抱える方などにとっては非常に便利なサービスとなるはずだ。特にそれらのデータはバックアップを取るのも面倒なため、Bitcasaに保存しておけば便利だろう。

なお、Android版でもBitcasaのストレージにアクセスできる。さらに、スマートフォンのカメラで撮った写真や動画を自動的にアップロードするようなことも可能だ。

【情報元、参考リンク】
Bitcasa
Google Play/Bitcasa
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑