携帯各社、緊急地震速報でブザー音に加えて「地震です」と声のメッセージも出すよう変更へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスは11日、「緊急地震速報」において、従来からのブザー音に加えて、「地震です」という声のメッセージも発するよう、順次導入していくと発表した。

緊急地震速報が発表された後、対応機種ではブザー音を鳴らすことで、地震に対する警告を発してきたが、必ずしも何の音か気づかない場合もあり、気象庁が実施した行動調査でも、声によって緊急地震速報であることを伝えてほしいという要望が高かったという。

そこで、緊急地震速報であることをより分かりやすくするため、ブザー音の後に声で「地震です」というメッセージが入るようにする。

ただし、この対応は通信事業者、機種によって異なるので注意してほしい。

まずドコモの場合は、今年の冬モデル以降で基本対応する。それ以前の機種の場合、アプリのアップデートで対応予定だが、具体的なアップデートのスケジュールや対応機種は未定。さらに、iモードケータイは対応しない。ただし、「らくらくホン7」と「らくらくホンベーシック3」は対応済み。

次にKDDIだが、こちらも今年の秋冬モデル以降では基本的に対応する。ドコモと同様Android端末ではアプリのアップデートで対応するが、iPhoneについては未定。フィーチャーフォンも対応しない。

ソフトバンクモバイルも今後リリース予定のモデルは基本対応するが、既存機種についてはまだ未定となっている。イー・アクセスも同様。

【情報元、参考リンク】
気象庁「平成25年4月13日の淡路島付近の地震における緊急地震速報に関する緊急調査」
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑