Google、オンライン決済サービス「Google Checkout」を「Google Wallet(ウォレット)」に統合。オンラインのほか、実店舗での決済にも対応

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Googleは16日(米国時間)、オンライン決済サービス「Google Checkout」を、より幅広い用途に対応できる最新の決済サービス「Google Wallet(Google ウォレット)」に統合したと発表した。これまでGoogle Checkoutは、Android(アンドロイド)スマートフォン/タブレット向けの有料アプリの購入などを始め、対応するオンラインショップなどでの決済にて利用されてきた。

Androidスマートフォン・ユーザーの多くの方がGoogle Checkoutにクレジットカード番号を登録していることと思う。しかし、Google Checkoutは、あくまでもオンラインでの決済に限定されたサービスであり、これ以上の拡張は期待できない。その中で同社は、近距離無線通信規格「NFC」(Near Field Communication)を利用した実店舗における決済サービスが今後、欧米を始め世界的に普及すると見込み、新たな決済サービスGoogle ウォレットを立ち上げた。

Google ウォレットではオンラインショッピングのほか、対応する実店舗における決済サービスを利用することができる。日本で言う「おサイフケータイ」機能及びその決済サービスに相当するものだ。Google ウォレットにはオンライン決済と実店舗での決済、両方の機能が備わっているため、Google Checkoutの存在意義はもはや無い。

そこでGoogleはGoogle CheckoutをGoogle ウォレットへと統合し、今後の決済をGoogle ウォレットへ移行することとした。Google Checkoutに登録された個人情報は全てGoogle ウォレットのアカウントへ引き継がれるため、移行にあたってユーザーの手を煩わせるような作業は特にない。

ただし、ユーザーがGoogle ウォレットまたはGoogle Checkoutを利用して次回何らかの商品を購入する際に、新しい利用規約への同意を求めるメッセージが表示される。

現在のところGoogle ウォレットを利用したNFCによる実店舗決済は米国のみでの展開だが、将来的にはグローバルへの拡大が期待されている。

Google ウォレットへの統合・移行に伴う疑問点と回答は下記ページにまとめられている。
Google Checkout から Google ウォレットへの移行

【情報元、参考リンク】
Google ウォレット
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑