第2弾Googleブランドフォン「Nexus S」の画像がついに登場。Gingerbread搭載機種として年内発売か?

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
GoogleブランドのAndroidスマートフォン「Nexus One」の後継機種がついに年内にリリースされるかもしれない。米家電量販店Best Buyのウェブサイト上に後継機種「Nexus S」の画像が掲載され、何と予約開始の告知が出されていたことが発覚したからだ。

同サイトによれば、「Pure Google The Nexus S」と表現されており、この端末がGoogleブランドのスマートフォン、Nexus Oneの系譜を受け継ぐものであることが伺える。とはいえ、製造メーカーは初代のHTCからサムスン電子に移行。Nexus Sの「S」はSamsungの頭文字から採られたものと考えられる。Best Buyによれば、Nexus Sはホリデーシーズンにリリース予定とされているため、情報が全て正しければ、年内にはユーザーの手に渡ることになる。

また、Nexus SはAndroidの次期最新バージョン「Gingerbread」(2.3)を搭載する。加えて、ハードウェア仕様としては、Hummingbird Processorを採用し、背面のメインカメラのほか、フロントにインカメラを搭載。ディスプレイは4インチのSuper AMOLED(有機EL)になるようだ。

さらに米ガジェット系大手ブログメディアEngadgetは、約1ヶ月ほど前のものと見られる写真数点を公開している。これを見る限り、Nexus Sのデザインはサムスン電子のスマートフォン「GALAXY S」と非常に良く似ている。背面カバー中央の目立つ位置に「Google」のロゴが掲載されている点がGoogleブランドのスマートフォンであることを伺わせるものの、基本的な筐体のデザイン・コンセプトはGALAXY Sと変わらぬように見える。なお、Engadgetの記事にはより多くの写真が掲載されているので、関心のある方はぜひチェックしてみてほしい。


当初は8日に米ニューヨークで発表されるとの噂もあったNexus Sだが、ハードウェアの開発中にトラブルが発生したことからお披露目が延期になったとの話だ。もちろん、真偽は不明だが、Best Buyのフライング情報が正しいとすれば開発が終了段階に近いことは確かだろう。そして、じきに正式発表される可能性が高い。

Gingerbread自体の開発者向けリリースもまもなくと見られるだけに、この冬のAndroid市場の注目はGingerbreadとNexus Sが一身に受けることになるかもしれない。

なお、Nexus Sは英国を始めとする欧州でもSIMフリーで販売予定との噂だ。

【情報元、参考リンク】
Engadget/This is the Nexus S
Engadget/Is this the Nexus S?
Engadget/Google Nexus S is the Samsung GT-i9020?
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑