ドコモらNTTグループ3社が漫画村、Anitubeなど海賊版サイトへのブロッキングを実施へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
日本電信電話(以下、NTT)、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷららは23日、サイトブロッキングに関する法制度が整うまでの短期的な緊急措置として、海賊版サイト3サイトに対してブロッキングを行うことを決定し、準備が整い次第実施すると発表した。実際にブロッキングを行うのはNTTグループにおける、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷららの3社。

NTTドコモの携帯電話サービス、NTTコミュニケーションズおよびNTTぷららの通信サービスを利用しているユーザーはブロックされる海賊版サイトへのアクセスはできなくなる。

ブロック対象の海賊版サイトは「漫画村」「Anitube」「MioMio」の3サイト。

今回の措置は、コンテンツ事業者団体からの要請ならびに13日に開催された知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議において決定された「インターネット上の海賊版対策に関する進め方」に基づいてNTTグループで決定されたもの。

あわせてNTTグループ各社は、政府において可及的速やかに法制度を整備して欲しいとの考えも示している。

一般にWebサイトをブロッキングする方法の基本的処理は単純で、通信を監視し、ブラックリストに掲載されたWebサイトへのアクセスかどうかを判定し、ブラックリスト掲載サイトへのアクセスの場合はブロックする、というもの。今回のNTTグループ各社によるサイトブロッキングも基本的にはこうした処理になるはず。

なお、NTTドコモと同じく携帯キャリア事業を展開するKDDIとソフトバンクが海賊版サイトへのブロックをするかどうかはまだ発表されていない。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑