Anker、モバイルバッテリーが電気用品安全法による規制対象となることを受けてPSEマークを早期表示へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アンカー・ジャパン(以下、Anker)は8日、経済産業省が1日に発表した、電気用品安全法に基づくポータブルリチウムイオン蓄電池(いわゆる「モバイルバッテリー」)の規制対象化を受けて、自社製品において早期対応を行うと発表した。


バッテリー搭載製品は過剰発熱や発火・爆発などの事例が世界的に見られることもあり、近年、製品の品質・安全対策への関心が高まっている。今回の動きもそうした背景を受けてのものだが、メーカーや販売業者が即座に対応することも難しいため、一年間の経過措置期間を設け、規制対象化は2019年2月1日からとなる。

実はモバイルバッテリーに内蔵されるバッテリー自体はすでに規制対象となっているのだが、最終製品としてのモバイルバッテリーは規制対象外だった。今回の改正では、モバイルバッテリー自体も規制対象に加わる。

そのため、製造メーカーは製品へのPSEマークの表示義務が生じるし、輸入・販売業者はPSEマークが表示され、技術基準を満たしたものしか販売できなくなる。

そしてAnkerの話に戻るが、Ankerは今や世界的なモバイルバッテリーメーカーだ。日本でも高い人気で、本当に多くのユーザーがいると思う。

そのAnkerでは、すでにPSEマーク取得に必要な技術基準に適合した製造を行っているという。加えて、独自に高い品質基準を設け、製品検査・品質管理を行っている。そして今後、既存製品については段階的に対応を進め、経過措置期間中に全ての対象製品にPSEマークを表示していく予定とのこと。

なお、Ankerは2月11日(日曜日)に一日限定で最大33%オフの「冬のガジェットフェス」と題したセールをAmazon.co,jpで実施する。こちらも注目だ。

【情報元、参考リンク】
Amazon.co.jp/Anker
Anker/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑