ドコモが5Gの技術検証環境を無償提供。5G上でのサービス展開を予定する企業・団体はパートナープログラム参加で利用可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は9日、2020年に提供開始予定の第5世代移動通信方式(以下、5G)による商用サービスにおいて、幅広いパートナーと共に新たな利用シーンを創出することを目指した取り組みとして「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を2月21日より提供すると発表した。

このプログラムに参加すれば、5Gの技術検証環境が今年の4月より無償で提供されるため、5G上でのサービス展開を予定している企業・団体は2020年のドコモの5Gサービスのスタート前に準備を進めていくことができる。本プログラムにはすでに453の企業・団体から参加表明があるという。

パートナープログラム参加者には、5Gに関する技術情報、ドコモが実施した実験内容などの情報が提供される上、年に2回開催予定のパートナーワークショップへの参加の権利が提供される上、このパートナープログラム自体が参加者同士の情報交換の場として利用可能だという。

さらに、常設の5G接続環境が4月より東京都内で提供される予定となっている。

5Gの実験装置へ接続する周辺機器(映像伝送機器、無線LAN機器など)の利用も可能だが、参加者が周辺機器を持ち込むことも可能となっている。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑