ASUSが海外でZenFone 4シリーズを発表。ZenFone 3へのAndroid Oアップデート提供も明らかに

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ASUSTeK Computer Inc.(以下、ASUS)は18日、台湾の台北においてプレスカンファレンスを開催し、Androidスマートフォン「ZenFone」シリーズの最新モデルとなる「ZenFone 4」シリーズ5機種を発表した。

<▲図:ZenFone 4>

「ZenFone 4」、上位グレードの「ZenFone 4 Pro」、「ZenFone 4 Max Pro」、そして「ZenFone 4 Selfie」「ZenFone 4 Selfie Pro」。なお、「ZenFone 4 Max」シリーズに関してはすでに「ZenFone 4 Max」が発表済みなので、ZenFone 4ファミリーとしては全部で6機種の構成となる。

ZenFone 4、ZenFone 4 Max、ZenFone 4 Selfie、それぞれのラインに無印とProモデルの2種類があるという形。

<▲図:ZenFone 4 Pro>

現在、日本のSIMフリースマートフォン市場だけでなくグローバルで好調の中国HUAWEI(ファーウェイ)に押され、一時期の勢いを失っている印象のあるASUSだが、今回のZenFone 4シリーズでは、スペックの全体的な底上げはもちろんとしてカメラ機能に注力し、デュアルカメラを採用してきた。デュアル構成に加え、明るいレンズの採用、より大きなCMOSセンサーの採用などで基本的なカメラ性能を向上させてきた。

さらに、今回のZenFone 4シリーズではAndroid 7.0もしくは7.1を搭載するが、Androidの次期メジャーバージョンとなる「Android O」へのアップデートも保証されている。ASUSは比較的しっかりとアップデートを提供してくれるメーカーの一つだが、今回は新機種発表時点でAndroid Oへのアップデートの保証が発表された。しかも、「ZenFone 3」シリーズへのAndroid Oアップデートの提供予定も明らかにされた。UIに関しても最新の「ZenUI 4.0」へのアップデートがZenFone 3シリーズにも用意される。

ラインナップが多いので、以下、その違いを紹介していきたいが、まずは価格を見ていきたい。

ZenFone 4は399米ドルから、ZenFone 4 Proは599ドルから、ZenFone 4 Selfieは279ドルから、ZenFone 4 Selfie Proは379ドルからとなっている。

各機種の公式製品ページへのリンクは下記の通り。

ZenFone 4(ZE554KL)製品ページ
ZenFone 4 Pro(ZS551KL)製品ページ
ZenFone 4 Max(ZC554KL)製品ページ
ZenFone 4 Max Pro(ZC554KL)製品ページ
ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)製品ページ
ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)製品ページ

※ご迷惑をおかけして申し訳ありません。後ほど追記・修正予定です。

<ZenFone 4 Max>

<▲図:ZenFone 4 Max>


<ZenFone 4 Max Pro>

<▲図:ZenFone 4 Max Pro>


<ZenFone 4 Selfie>

<▲図:ZenFone 4 Selfie>


<ZenFone 4 Selfie Pro>

<▲図:ZenFone 4 Selfie Pro>

【情報元、参考リンク】
ASUS
ASUS公式オンラインショップ「ASUS Shop」
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑