KDDIが、LTE対応スマートドローンによる完全自律飛行実験を実施。約2kmの長距離飛行に成功

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは9日、日本初となる「4G LTE運航管理システム」を用いた「スマートドローン」による4G LTE完全自律飛行実験を新潟県長岡市山古志で実施し、山古志支所から約2km離れた場所への長距離飛行に成功したと発表した。

<▲図:スマートドローン本体や実験の模様>

スマートドローンの開発は、災害時の各種活用、高齢化などの課題を抱える地域などでの活用のために取り組まれているもので、今回の実証実験はそれを目指した第一弾となる。

実験では食品を届けることを想定し、山古志支所から約2km離れた住民宅にスマートドローンを飛ばし、届けることに成功。スタートから着地までに掛かった時間は約8分間。


今回の実験が行われた山古志は、2007年に発生した新潟県中越沖地震時を経験した場所で、今後の災害時の支援や被害状況の把握等、ドローンを使ったで対策を従来より検討していたという。そういう背景もあり、今回のスマートドローンを用いた実験に賛同し、実現することになったという。

実験で利用された4G LTE運航管理システムは、4G LTE対応ドローンへの飛行ルート指示を行うと共に、飛行中の位置、高度、速度、電波状況、カメラ映像などのデータを4G LTE経由で監視し、離陸から着陸まで、全ての操作を4G LTEで制御することが可能となっている。

4G LTE、すなわち高速の携帯電話回線を使うことで、従来のドローン向け通信では実現できなかった、長距離の完全自律飛行ができることを確認できた。



【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑