3年以上前のソフトバンク向け富士通製スマホ4機種でオンラインアップデートの提供終了。4月以降は店舗への持ち込み対応

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは3月31日をもって富士通製のスマートフォン4機種におけるオンラインでのソフトウェア更新の配信を停止する。

<▲図:約4年前に発売となったARROWS A 201F>

4月1日以降にソフトウェア更新を行いたい場合には、ソフトバンクショップへ持ち込み、預かり修理と同様に一旦ユーザーの手元から離れ、更新作業を行ってもらってから改めて受け取るという形になるので、該当機種のユーザーは3月31日までに最新バージョンにアップデートしておいた方がいいだろう。

なお、ソフトバンクショップに持ち込んでのソフトウェア更新にかかる費用は無料。オンラインでのソフトウェア更新に関しても通信費は無料だ。

該当機種は下記の4機種。101Fは4年以上前、301Fでも約3年前に発売になった機種。ソフトウェア更新が終了するため、該当機種のユーザーにとっては機種変更のタイミングかもしれない。
  • ARROWS A 101F
  • ARROWS A 201F
  • ARROWS A 202F
  • ARROWS A 301F

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑