UQ、自宅のWiMAX 2+の電波改善用に小型基地局機器UQフェムトセルの先行受付を開始!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは27日、自宅におけるWiMAX 2+の電波改善ツールとして、小型の基地局機器「UQフェムトセル」の提供を年内に開始することを明らかにするとともに、27日から貸出の先行受付を開始した。


貸出にかかる料金は無料で、最低利用期間や契約解除時の違約金も定められていない。

同社は現在もUQフェムトセルの開発を進めている段階だとし、実際に貸出が始まるのは年内の予定。しかし、受付だけはすでに開始されているので、自宅のWiMAX 2+の電波が弱い方は導入を検討してみよう。

ただし、このUQフェムトセルは、自宅の固定回線(「auひかり」「auひかりちゅら」)と接続し、小規模の範囲にWiMAX 2+の電波エリアを構築する、というもの。そのため、WiMAX 2+のユーザーであることはもちろん、「auひかり」か「auひかりちゅら」のユーザーであることが条件となっている。

また、UQフェムトセル経由でのWiMAX 2+の通信であっても、月間データ量としてカウントされるので、その点にも注意が必要だ。月間上限が7GBのプランを契約している方で、自宅での通信ではカウントされたくない、という場合は、Wi-Fi化した固定回線を利用する必要がある。


UQフェムトセルは2種類あり、どちらも小型なので、設置スペースは小さい。重さはそれぞれ約1kgで、サイズは約160×250×35mmのものと約200×200×50mmのものがある。


【情報元、参考リンク】
UQフェムトセルについて
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑