ワイモバイル、Pocket WiFi史上最軽量75gのモバイルWi-Fiルーター 506HWを発売へ。5GBで月額2480円の料金プランも提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンク及びウィルコム沖縄は7日、約75gと軽量のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 506HW」(ファーウェイ製)を「Y!mobile(ワイモバイル)」の新製品として4月下旬以降に発売すると発表した。

<▲図:Pocket WiFi 506HW>

さらに、506HWの発売に合わせて、3年間月額2,480円で、毎月5GBの高速データ通信ができる料金プラン「Pocket WiFiプラン2 ライト」を提供することも明らかにされた。

506HWはPocket WiFi史上最軽量となる約75gの軽量ボディが大きな魅力で、サイズは約90.9×56×13mm。サイズは特別小さいということもなく標準的だが、軽量だ。

最近のモバイルルーターはディスプレイを搭載し、そこに各種情報を表示し、ある程度の設定は本体のみで行えてしまうが、506HWは逆にシンプルさを追求し、ディスプレイを排除。LEDのみのシンプルな表示としている。LED表示でわかるのは電波状態、電源のON/OFF、電池残量、低速化の状況の4項目。

<▲図:ディスプレイなしでLEDのみで状態表示する>

また、ファーウェイ製品共通の特徴として約5秒の高速起動が可能となっている。

軽量なので搭載バッテリーの容量も1,500mAhと多くはないが、それでも約6時間の連続通信が可能で、連続待受も約440時間だ。

Wi-FiはIEEE802.11b/g/n(2.4GHz)準拠で、同時接続可能なWi-Fi機器の台数は10台。

対応するモバイルネットワークは3Gが2.1GHz、FDD-LTEが900MHz、1.7GHz、2.1GHz、AXGPが2.5GHzとなっている。

注意したいのは通信速度だ。下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbpsに対応するが、Wi-Fi接続時の通信速度は下り最大65Mbpsに落ちてしまう。USBケーブルを使って有線接続を利用している時のみ、下り最大112.5Mbpsでの通信ができる。

結局、よくよく見ていくと、軽量とはいえ性能面では微妙な部分もあるので、ライトユーザー向けの製品といえそうだ。超高速が出なくても構わないが軽量なボディが良い、というユーザー向けのモバイルルーターだ。しかも、月額料金も2,480円と安いので、その点も合わせると悪くない選択肢かもしれない。


【情報元、参考リンク】
Y!mobileオンラインストア
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑