【島田純のMobile×Travel】第64回:WiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルータを「mineo」で使ってみる

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
「WiMAX 2+」に対応するモバイルWi-Fiルータを、ケイ・オプティコムの提供するMVNOサービス「mineo」で利用する方法をご紹介します。

<▲図:WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータをmineoで使う>

今回紹介する組み合わせでは「WiMAX 2+」に対応するモバイルWi-Fiルータを利用しますが、通信量についてはmineoの月間容量に基づきます。mineoのプランで規定された通信量を超過した場合については通信速度の制限が適用されるため、「格安SIMで通信速度制限の回避に使える」という方法ではありません。一言で言えば、KDDI(au)系のMVNOサービスで利用するためのモバイルWi-Fiルータとして、WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータが利用可能だということになります。

以下の画像&写真は、モバイルWi-Fiルータの通信量のカウントとmineoのマイページ上の通信量がほぼ一致していることを示します(若干違いますが、誤差の範囲と言って問題ないでしょう)

<▲図:W01本体で表示される通信量>

<▲図:mineo上での通信量>

WiMAX 2+対応のモバイルWi-FiルータをmineoやUQ mobileで使う最大のメリットは「モバイルWi-Fiルータ本体が安く入手可能」という点にあります。例えば、WiMAX 2+のキャリアアグリゲーションで下り最大220Mbpsに対応する「Speed Wi-Fi NEXT W01」(以下、W01)を例にすると、W01はAmazonや秋葉原の中古販売店などで本体単体がおおむね10,000円以下で販売されています(価格は執筆時点)。

AmazonでのW01販売ページは以下。



W01が対応する通信方式はWiMAX 2+とauの4G LTEの二つです。

しかし、auの4G LTEに接続するためには、W01本体で通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード」に設定する必要があります。

<▲図:通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード」に設定する>

WiMAX 2+の契約で同モードを利用する場合にはハイスピードプラスエリアモードで通信を行った月は「LTEオプション」として税別1,005円のオプション料金が発生しますが、mineoで利用する場合にはハイスピードプラスエリアモードで使っても追加の料金は発生しません。

また、前述の通りWiMAX 2+での通信もauの4G LTEでの通信もmineoの通信量としてカウントされるため、WiMAX 2+のみをサポートする機種で使うよりも、auの4G LTEをサポートする機種で使う方がエリア面で有利です。

このため、WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータとmineoを組み合わせて使う場合、基本的には「ハイスピードプラスエリアモード」に対応する機種を選ぶことをオススメします。2016年2月末現在、同モードに対応するモバイルWi-FiルータはW01およびW02です(旧機種については割愛)

■ハイスピードプラスエリアモード対応機種
  • Speed Wi-Fi NEXT W01(W01)
  • Speed Wi-Fi NEXT W02(W02)


W01をmineoで使うためのAPN設定方法は、mineoのWebサイト上でも公開されていますが、下記の通りです。

■APN設定内容
APN:mineo.jp
ユーザ名:mineo@k-opti.com
パスワード:mineo
認証タイプ:CHAP
IPタイプ:IPv4


<▲図:APNをmineoに設定>

mineoでは、動作確認端末の一覧にW01(au版)を掲載しており、筆者もW01 + mineoの組み合わせで特に問題無くデータ通信が利用できていますが、同じ組み合わせでも動作に問題があるという報告がmineoのコミュニティサイト「マイネ王」にて報告されていますので、確実にmineoのauプランで使えるモバイルWi-Fiルータという意味ではmineoが販売するモバイルWi-Fiルータ「SI-LA(SILA01)」で利用すると安心でしょう。

mineoのSI-LA SILA01の販売ページは以下になります。
SI-LA SILA01 | サービス紹介 | mineo法人

【情報元、参考リンク】
mineo


記事執筆者プロフィール
島田純
ブロガー/フリーライター
Twitter:@shimajiro、ブログ:shimajiro@mobiler

ブログとモバイルと旅が好きなフリーランスのブロガー/ライター。
モバイルWi-Fiルータやデータ通信関連が得意です。

「島田純のMobile×Travel」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3火曜日更新予定!
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑