フリーテル、折りたたみ型で裏表両面にディスプレイを搭載したスマホ「MUSASHI」を3月26日に発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
プラスワン・マーケティングは18日、折りたたみ型のSIMフリー・Androidスマートフォン「MUSASHI(ムサシ)」を26日に発売すると発表した。大手家電量販店等で販売し、価格は24,800円(税抜)。

<▲図:2画面搭載・折りたたみ型のAndroidスマートフォン>

MUSASHIの大きな特徴は、ヒンジの上の部分で両面にディスプレイを搭載することだ。そのため、閉じた状態でもディスプレイを表示したり、タッチ操作が可能となっている。両面ともディスプレイのサイズは約4.0インチで、解像度は800×480ドット。

解像度が低いので、最近のミドルエンド以上のスマートフォンに慣れていると画面が見劣りしかねないが、画面サイズ自体一般的なスマートフォンより小さいので、それほど気にならないかもしれない。また、「変わり種」の機種として一定のユーザー数を獲得するかもしれない。しかも、折りたたみ型で、ヒンジの下側は一般的なフィーチャーフォンと同様のテンキーを搭載しているので、テンキーに慣れた方には良いかもしれない。

<▲図:ディスプレイサイズは約4.0インチ>

<▲図:両面にディスプレイがある>

中身はAndroidスマートフォンで、OSはAndroid 5.1。

CPUはMediaTekのMT6735Mクアッドコア1GHzと、CPUもやや物足りない部分を感じるが、メール、SNS、ちょっとしたWebサイト閲覧程度であれば問題ないだろう。メモリは1GB RAM、8GB ROMと、メモリもちょっと心許なく、ゲームアプリを遊ぶには不足だが、前述のようにメール、SNS等、CPUパワーと大容量メモリを必要としない用途を限定すれば大丈夫だろう。

microSDカードは最大で128GBのカードにまで対応するので、写真・動画撮影や音楽ファイルの持ち運びには苦労しないだろう。

バッテリー容量は2,000mAhで、バッテリーの取り外しは可能となっている。

ネットワークは3Gが2100MHz、800MHz、900MHz対応で、LTEは2100MHz、1800MHz、900MHz、800MHz対応。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz準拠)で、Bluetooth 4.0 LE対応、GPSやデジタルコンパス等のセンサー類もそつなく搭載している。

本体サイズは約123.1×63.1×17.6mmで、重さは約198gだ。

カメラはメイン側が約800万画素で、サブ側が約200万画素。

カラーバリエーションはシャンパンゴールド、ブラック、ホワイトの3色が用意される。

<▲図:カラーバリエーションは3色>

下はAmazon.co.jpでの商品リンク。



【情報元、参考リンク】
MUSASHI製品ページ
プラスワン・マーケティング/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑