グリーとLINEがゲーム事業で協業。グリーのスタジオ開発アプリがLINE GAMEで登場へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
グリーとLINEは4日、ゲーム事業においてマーケティングパートナーとして協業することになったと発表した。今回の協業により、グリーのアプリ開発スタジオ「Wright Flyer Studios」がパブリッシャーとなり開発・企画・運営を担当したコンテンツがLINE GAMEプラットフォーム上で展開されることになり、そのマーケティングはLINEが担当する。

<図:タイトルロゴや天野氏のイメージイラスト(右図)>

まず最初に登場する予定のコンテンツはアクションRPG「追憶の青」で、2016年上半期中にリリースされる予定だ。

「追憶の青」は、戦乱の世を生き抜く青年「フリオ」と、彼に関わる人々の軌跡を描いたストーリーと、滑らかに動く2Dアクションを手軽に楽しめる点が特徴のゲーム。他のプレイヤーと協力して戦う最大3人での共闘プレイや対戦プレイも導入される。

イメージイラストは「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる天野喜孝氏が担当し、サウンドはベイシスケイプの岩田匡冶氏、シナリオは「テイルズ オブ」シリーズなどを手がけてきたRomanceworkの田中豪氏、松元弘毅氏が担当するなど、豪華クリエイター陣を起用している点も非常に大きな魅力だ。

<図:開発中のゲーム画面>

アプリはAndroid版とiOS版が開発中で、料金体系は基本プレイ無料のアイテム課金制になる。



【情報元、参考リンク】
「追憶の青」公式サイト
LINE/プレスリリース

(c) Wright Flyer Studios
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑