LINE公式が自分のデータを他人から守る方法を公開

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
コミュニケーションアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社は公式ブログにおいて22日、自分のスマートフォンやLINEアプリのデータを他人から守る方法を公開した。

現在話題となっているタレントのベッキーさんと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんによる不倫報道を受けての動き。今回の騒動では二人の不倫疑惑だけでなく、LINEでのやり取りが漏洩したこと自体も大きなポイントとして話題になっている。そこで、LINE公式ブログにおいて、自分のデータを守るための方法として考えられることがいくつか紹介されている。

今回の騒動でLINEのデータがどのように流出したのかは分からないが、iPhoneの機種変更をした際に、旧機種を初期化せずにデータをそのまま残していたことが原因ではないかとも言われている。iPhoneのパスコードさえ分かっていれば、旧機種からでもLINEのやり取りを盗み見ることができてしまう。

しかし、LINE公式でも最初に、そもそもの大前提としてスマートフォンのロックパスワード/パスコードが正しく管理されていれば、LINEのトークを盗み見られたり、アカウントが乗っ取られるようなことはない、としている。そのため、スマートフォンのロックパスコードはキチンと管理したい。

以下、LINE公式ブログで掲載されている内容を紹介したい(原文ママ)。

① スマートフォン自体にパスワードをかける
iPhoneやAndroidなど、すべてのスマートフォン端末はパスワードをかけることができます。
パスワードをかけると、画面そのものを開くことができません。
最も良いことは、スマートフォン自体を他人に手渡したり、紛失しないことですが、万が一他人に入手されたとしても、スマートフォン自体にパスワードがかかっていれば、中身を見ることすらできません。


② アプリにパスワードをかける
多くのアプリには、アプリを開くためのパスワード設定機能がついています。もちろん、LINEにも「パスコードロック」という機能があり、パスワードを入力しないとLINEを開くことができないよう設定できます。

【設定方法】
(1) LINEの「その他(・・・)」⇒「設定」⇒「プライバシー管理」を開く
(2) 「パスコードロック」をオンにして、自分で決めた数字4桁を入力 

※この数字は、スマートフォン自体のパスワードと必ず違うものにしましょう




③ LINEアカウントにメールアドレス・パスワードを設定する
LINEで本人のアカウントかどうかを確認するためには、メールアドレスとパスワードの入力が必要です。一般的なインターネットのサービスやSNSで、自分のアカウントにログインするためにメールアドレスとパスワードを入力するのと同じようなものです。

スマートフォンの機種変更をする時や、パソコン/タブレット版LINEなどを使う時に、入力が必須となります。

なお、パソコン/タブレット版LINEにログインするためには、スマートフォン版LINEに送られるランダムな認証番号の入力が必要となります。

万が一、メールアドレス・パスワード、認証番号などの情報を他人に知られると、他人にあなたのアカウントが使われて、あなたは自分のLINEを使えなくなります。とても大切な情報なので、厳重に管理してください。

いずれにしても、パスワードの設定・管理をしっかりと行うことと、機種変更時には旧機種のデータを初期化するなど、キチンと処置を行っておきたい。

【情報元、参考リンク】
LINE公式ブログ/自分のスマートフォンやLINEを他人から守る方法
Google Play/LINE
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑