ファーウェイ、34800円で5.5インチフルHD液晶・オクタコアCPU・指紋認証搭載のSIMフリースマホ「GR5」を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ファーウェイ・ジャパンは28日、SIMフリーのAndroidスマートフォン新製品「HUAWEI GR5」を2月12日に日本市場で販売開始すると発表した。

▲HUAWEI GR5。

HUAWEI GR5は学生や新社会人に向け、コストパフォーマンスを重視したミドルレンジモデル。それでいて、約5.5インチのフルHD液晶ディスプレイ、オクタコアCPU、指紋認証センサー搭載と、ハイエンド端末と比べても遜色のない部分も備えている。市場想定価格は34,800円(税抜)だ。

ファーウェイといえば、昨年はグローバルでのスマートフォンの出荷台数が1億台を超え、大きく飛躍した一年となっている。日本市場においてもSIMフリーのスマートフォンやタブレットを投入し、一足先にヒット商品を出してポジションを築いた台湾ASUSの「ZenFone」シリーズを追いかけている。

今回の製品は日本市場向けとしては2016年のスマートフォン第一弾となり、コストパフォーマンスが大きなアピールポイントだ。

まずは基本スペックだが、OSはAndroid 5.1、メモリは2GB RAM、16GB ROM、ディスプレイは約5.5インチ(解像度1920×1020ドット)、CPUはQualcomm MSM8939オクタコア(クアッドコア1.5GHz+クアッドコア1.2GHz)、バッテリー容量は3,000mAh、ボディサイズ約76.3×151.3×8.15mm、重さ約158g。

ファーウェイの端末は子会社のHiSilicon製のCPUを採用する事例が多いが、GR5にはQualcommのMSM8939を採用している。ストレージ容量が16GBと少ないのは少々残念だが、価格を考えると妥当だろう。

ネットワークはLTEで下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsに対応し、Wi-FiはIEEE802.11b/g/n(2.4GHz)準拠だ。

カメラはメインカメラが約1,300万画素、サブカメラが約500万画素。

メインカメラにはF値2.0のレンズを採用する。このレンズには反射及び指紋防止コーティングが施されている。カメラの機能面では、食べ物を美しく撮影する「フードビューティー」、近接撮影ができる70mmまでのマクロ撮影、スローモーション撮影などを搭載する。

サブカメラのレンズはF値2.4で、広角88度。88度程度のレンズをサブカメラに採用するスマートフォンは多くなってきたので独自の魅力とは言えないが、複数人での撮影が普通に可能なので十分だ。

また、ミドルレンジクラスの製品だが、指紋認証センサーを搭載し、指紋認証でのロック解除ができる。認証も0.5秒でできるとのことで、十分に速そうだ。センサー搭載部分は他の機能も兼ねており、長押しで電話へ応答したり、写真を撮影したり、上下スワイプで通知エリアの開閉ができたりもする。

GR5は、ファーウェイ公式通販サイト「 Vモール」(楽天市場内)やMVNO(格安SIM)各社、家電量販店、通販サイトなどで販売される。

カラーバリエーションはゴールド、シルバー、グレーの3色だ。

【情報元、参考リンク】
ファーウェイ公式オンラインストアVモール楽天市場店
DMM mobile
IIJmio
Amazon/HUAWEI GR5
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑