ソフトバンク、最新のIoT製品を体験出来るスペース「TECH CAFE」を六本木と心斎橋で12月18日にオープン。HTC Re Diplo、appbot LINKなどを体験可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは18日に最新のIoT(Internet of Things)製品などを体験できるスペースを六本木と心斎橋でオープンする。このスペースの名前は「TECH CAFE(テックカフェ)」で、「ワイモバイル六本木 Internet Park」と「ワイモバイル心斎橋筋」の店舗内に設置される。

TECH CAFEでは日本では初の展開となる、片手で静止画やフルHD動画の撮影ができるアクションカメラ「HTC Re Diplo」や、Wi-Fiで遠隔操作できるロボットカメラ「appbot LINK」、軽量小型のBluetoothイヤホン「EARIN」などを体験することができる。

また、一部の製品については店舗での販売も行われる。

さらに、タッチパネルを利用してコーヒーを入れることができる「ネスカフェ ドルチェ グスト ドロップ」が設置されているので、来店者は無料でコーヒーを飲むこともできる。他にもワイモバイル六本木Internet Parkでは、パソコン、3Dプリンター、複合機なども利用できるので、色々と試すことが可能だ。

ソフトバンクはTECH CAFEの設置店舗数の拡大を検討していくということなので、将来的にはもっと増えるかもしれない。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンク/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑