U-NEXTが東芝の電子書籍事業「Book Place」を承継し、電子書籍事業を本格拡大

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
U-NEXTは2日、東芝インダストリアルICTソリューションが運営する電子書籍事業「Book Place」及び「Book Place for U-NEXT」を承継し、電子書籍事業を本格拡大すると発表した。

U-NEXTは動画配信サービス「U-NEXT」のほか、昨年4月からは東芝と協業し、U-NEXTの会員向けに電子書籍サービス「Book Place for U-NEXT」を提供してきた。

今回、東芝から事業を承継することで「Book Place」の運営・メール配信・会員情報の管理等はU-NEXTが行っていくことになる。承継日は9月30日の予定。Book Placeの既存ユーザーは特別な手続きなく、継続してサービスを利用することが可能だが、今後はU-NEXT傘下のサービスになる。

また、「Book Place for U-NEXT」では最新のコミックから新書の文庫本、話題のビジネス書など、様々な種類の電子書籍を扱っており、U-NEXTのポイントを利用しての書籍購入も可能となっている。

電子書籍市場はまだまだ複数の事業者、プラットフォームが乱立し、圧倒的なスタンダードサービスが確立されていない市場だけに、U-NEXTが今後、電子書籍事業をどのように拡大・改善していくのかも気になるところだ。

【情報元、参考リンク】
Book Place
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑