LINE、リアルタイムに位置情報を共有できるアプリ「LINE HERE」を提供開始。待ち合わせに便利な上、通知機能もあり。子供が塾に到着したか通知で確認など

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは20日、リアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」の提供を開始したと発表した。Android版とiOS版が用意され、無料で利用できる。

LINE HEREのイメージ

LINE HEREは無料通話・無料メールアプリ「LINE」のファミリーサービスだが、LINEアプリとは別途、専用アプリ「LINE HERE」が用意されているので、利用する場合にはLINE HEREをダウンロード/インストールする。

アプリをインストールしているユーザー間で、お互いの居場所をリアルタイムに共有することができるので、待ち合わせに便利だ。

位置情報を共有したいとき、アプリ上でグループ(シェアルーム)を作成し、位置情報を共有したい相手にLINEもしくはFacebookなどで招待URLを送る。相手が承諾すると、お互いのアイコンが地図上に表示され、位置情報をリアルタイムに共有できるようになる。

このとき、ユーザーが移動すると、地図上では連動してアイコンも移動するので、お互いに今その瞬間に相手がどこにいて、どこに移動しようとしているのか把握できるようになっている。

また、現在地以外に、自宅や学校、会社など頻繁に訪れる場所や、任意の場所を検索・設定することもできる。そして通知機能もある。例えば、待ち合わせ指定場所にグループメンバーが近づいたときに通知を受けるようにすることができるので、複数人のグループの集まりの際などにも便利だ。

他にも、子供が塾に到着しているか通知で確認したりと、ということに利用することもできる。



【情報元、参考リンク】
Google Play/LINE HERE
App Store/LINE HERE
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑