NEC、Aterm MR04LNの接続確認済MVNO事業者リストを公開。DMM mobile、b-mobile、NifMoなど各社で利用可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NECプラットフォームズは「LTE-Advanced」に対応し、下り最大300Mbpsでの通信が可能(※現在、国内の通信事業者は下り最大300Mbpsのサービスは提供していない)なモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」について、接続確認済みのLTE/3Gサービス事業者リストを公開した。

Aterm MR04LN

同社が公開した接続確認済み事業者は多くがNTTドコモ(以下、ドコモ)の回線網を使ったMVNO事業者で、他はワイモバイルの回線網を使ったものとなっている。また、海外の事業者リストも公開されている。

国内事業者は下記の通り。
  • b-mobile 4G:日本通信株式会社
  • BIGLOBE LTE・3G:ビッグローブ株式会社
  • DMM mobile データSIMプラン:株式会社DMM.com
  • hi-ho LTE typeD:株式会社ハイホー
  • IIJmio高速モバイル/Dサービス:株式会社インターネットイニシアティプ
  • mopera U:株式会社NTTドコモ
  • NifMo:ニフティ株式会社
  • OCN モバイル ONE:NTTコミュニケーションズ株式会社
  • So-net:ソネット株式会社
  • U-mobile データ専用:株式会社 U-NEXT
  • ぷららモバイルLTE:株式会社NTTぷらら
  • 楽天モバイル:フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
  • ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE:株式会社ワイヤレスゲート
  • EMOBILE LTE:ワイモバイル(ソフトバンクモバイル株式会社)
  • ワイモバイルシェアプラン:ワイモバイル(ソフトバンクモバイル株式会社)

なお、注意したいのは3G回線契約のみのmicroSIMカードは使えないこと。

海外のリストは下記の通りで、国際ローミングでの確認となっている。
  • アメリカ(本土):AT&T、T-Mobile
  • ギリシャ:Cosmote、Vodafone Greece、Wind Hellas
  • フランス:Bouygues Telecom、Orange、SFR

Aterm MR04LNは、Wi-FiはIEEE802.11acもサポートし、理論上、最大867MbpsでのWi-Fi通信が可能なルーターで、Wi-Fi接続のほか、Bluetoothテザリングも利用可能となっている。さらに、国内用と海外用など、用途別に2つのSIMカードを切り替えられる、デュアルSIMスロット仕様となっている。

バッテリーの容量は2,300mAhで、連続通信時間はWi-Fi通信の場合最大12時間、Bluetooth通信では最大24時間。

【情報元、参考リンク】
Aterm MR04LN 接続確認済LTE/3Gサービス事業者リスト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑