ソフトバンク、Xperia Z4を6月12日に発売へ。予約受付は本日開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクモバイルは5日、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia Z4」を12日に発売すると発表した。また、発売に先立ち、5日より予約受付が開始された。

Xperia Z4

今回の夏モデルではXperia Z4はNTTドコモ、au(KDDI/沖縄セルラー)と3キャリア全てから登場するので、各キャリアの既存ユーザーがXperia Z4への機種変更が可能な環境が用意されたことになる。

Xperia Z4はXperia Z3の後継機種で、一見したデザインはほぼ同じ。

カラーはブラック/カッパー/アクアグリーンとホワイトの4色

しかし、中身はいくつかの点で進化している。64bitオクタコアのCPUと3GBメモリー(RAM)によるパワフルなパフォーマンス、キャップレス防水を採用したmicroUSB端子、カメラ機能における進化など、より完成度を増している。さらに、オーディオ機能では、高音質でワイヤレス再生ができる「LDAC」をサポートするなど、エンターテインメント機能の充実ぶりはソニーならではだ。

カメラ機能では、「プレミアムおまかせオート」で料理シーンが追加され、料理の写真を鮮やかに撮影できるほか、フロントカメラでも「プレミアムおまかせオート」が利用できる。フロントカメラは約510万画素で、広角25mmのレンズを採用しているので、自撮りも複数人で写ることができたりと便利だ。

ディスプレイは約5.2インチ・フルHDの「トリルミナス ディスプレイ for mobile」で、「Live Color LED」の採用で、色鮮やかな表示が可能となっている。

3キャリアで基本的には同じXperia Z4だが、ネットワークの対応速度は異なる。ドコモでは下り最大225Mbpsの「PREMIUM 4G」対応、auでも下り最大225MbpsのLTEのキャリアアグリゲーション対応だが、ソフトバンクモバイルでは下り最大187.5Mbpsとなる。実際問題は理論上の最大値が出ることはないので、最大値比較をしてもそれほど意味はないかもしれないが、ドコモとauと比べると理論上の最大値では劣る。ただし、同じソフトバンク向けスマートフォンの中では今回、最大187.5Mbpsに対応したことで、高速通信が可能な機種ということになる。

エンターテインメント機能としては、PlayStation 4をリモートプレイできる「PS4 リモートプレイ」機能、ブルーレイディスクレコーダーとの連携で、録画した番組をXperiaで見ることができたり、ワンセグ・フルセグも搭載する。

また、地味な点だが日常利用上嬉しいものとして、Qualcomm Quick Charge 2.0に対応しているため、Quick Charge 2.0対応USB-ACアダプターを使えば、超高速充電が可能となっている。

本体サイズは約146×72×6.9mmで、重さは約144g。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクオンラインショップ/Xperia Z4製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑