奈良県飛鳥地方で、タブレット搭載超小型モビリティのレンタルサービス「MICHIMO」が4月17日にグランドオープン

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
明日香村地域振興公社は7日、ソフトバンクモバイルと協力し、奈良県飛鳥地方を訪れる観光客向けに超小型モビリティのレンタルサービス「MICHIMO(ミチモ)」を17日よりグランドオープンすると発表した。

MICHIMOの超小型モビリティ

MICHIMOは、タブレットを搭載した超小型のモビリティを貸出し、観光をサポートするサービス。昨年10月にプレオープンされ、台数を8台に限定して提供されていたが、今回、本格オープンするにあたり、モビリティの台数が2倍以上の17台に増やされる。

さらに、モビリティの充電を全て奈良県内の太陽光発電による電力に変更し、飛鳥地方の観光をサポートするアプリ「MICHIMOナビ」もバージョンアップし、iBeaconにも対応させる。

iBeaconは近距離通信技術の一つで、iBeaconに対応した観光スポットの各史跡、施設付近に近づくと、自動でそのスポットに関する豆知識と画像を表示して観光案内を開始する。iBeaconに対応する観光スポットは7カ所から開始し、順次拡大する。


料金プランも拡充される。

従来は1日乗り放題(8,000円、午前9時から午後6時)のみだったが、新たに3時間プラン(3,000円)、5時間プラン(4,750円)が提供開始となる。3時間プランであれば、手を出しやすいはずだ。

この料金にはモビリティの利用料、保険料、充電料、観光アプリを搭載したタブレットの使用料が含まれている。

また、「MICHIMOナビ」が「バーチャル飛鳥京」と連携する。「バーチャル飛鳥京」は、遺跡を360度視点で見ることができる解説映像だ(上図参照)。

なお、MICHIMOの利用には普通自動車運転免許が必要になるので、その点には注意したい。

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
MICHIMO公式サイト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑