名古屋鉄道とエスカ地下街でのWiMAX 2+のエリア整備が完了

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは26日、名古屋鉄道の駅構内において「WiMAX 2+」のエリア整備が完了したと発表した。名古屋鉄道においては、以前より屋外設置された基地局によって地下駅等をのぞく駅構内ではすでに利用可能だったが、それ以外の駅については、順次エリア整備が行われていた。

エスカ地下街

そして今回、26日の上飯田駅でのエリア整備をもって、名古屋鉄道の全駅での整備が完了した。

また、名古屋駅周辺にあるエスカ地下街においてもWiMAX 2+のエリア整備が完了した。エスカ地下街は「WiMAX」については整備が完了していたが、今回、WiMAX 2+も利用可能になったので、「Speed Wi-Fi NEXT W01」のようにWiMAXに非対応のルーターのユーザーも問題なくWiMAX 2+での通信が可能になったことになる。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/名古屋鉄道におけるWiMAX 2+のエリア整備完了について
UQコミュニケーションズ/WiMAX 2+サービスの地下街エリア拡大について
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑