UQ、WiMAX 2+機器へのIPアドレス付与をプライベートアドレスに変更へ。グローバルIPは月額96円のオプションとして提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは2日、WiMAX 2+対応機器に付与するIPアドレスを2015年3月下旬以降、順次プライベートIPアドレスに変更すると発表した。現在はWiMAX対応プラン(UQ Flat年間パスポート/UQ Flat/UQ Step)ではプライベートIPアドレスだが、WiMAX 2+対応機器ではグローバルIPアドレスが付与されている。

グローバルIPアドレスがない時とある時のイメージ

しかし、世界的にIPv4のグローバルIPアドレスが不足している状況を踏まえ、WiMAX 2+対応機器でもプライベートIPアドレスに変更することになったということだ。

とはいえ、それ以降もグローバルIPアドレスを利用したい方もいるはずで、その場合は月額96円(税別)のオプションとして提供されるので、それを利用すればいい。この、「グローバルIPアドレスオプション」の提供は2015年2月20日から始まる予定で、WiMAX 2+対応機器の設定を変更することで利用できる。事前の申し込み手続きは不要だ。さらに、2015年5月末利用分までは無料となっている。詳しくは記事の最後に記したリンク先で確認してほしい。

プライベートIPアドレスに変わることで、一部のソフトウェア/アプリケーションなどが使えなくなる可能性があるため、そのような場合にはグローバルIPアドレスオプションを利用することになるだろう。

プライベートIPアドレスへの変更によって利用できなくなる可能性がある利用形態は下記のようなものだ。
  • オンラインゲームの一部(ルータのUPnP対応やポート開放設定が必要と案内されているもの)
  • サーバとしての利用の一部(DynamicDNSを利用するもの、外部からIPアドレスを指定してアクセスするもの)
  • リモートアクセス(VPN)の一部(TCP/UDP以外のプロトコルを利用するもの※)
  • その他、プライベートIPアドレスの利用に未対応のアプリケーション・ネットワーク機器
※PPTPによるVPN、および他方式でもNATトラバーサルに対応したVPNは引き続き利用できる。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
UQコミュニケーションズ/グローバルIPアドレスオプション(WiMAX 2+用)について
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑