月額660円からの格安SIM・スマホサービス「DMM mobile」が登場。端末は6機種。ZenFone 5、Ascend Mate7、Nexus 7、LG G2 miniなど

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
DMM mobile
DMM.comは17日、NTTドコモ(以下、ドコモ)の通信インフラを借り受けて展開する格安の通信サービス「DMM mobile」の提供を開始した。2014年は他社のインフラを借り受けてサービスを提供するMVNO事業に乗り出しているが、通販や動画配信、オンラインゲーム大手のDMM.comも参入した。

DMM mobileは他社の多くのMVNOサービスと同様にドコモの通信インフラを使うため、利用可能エリアが広いことが大きな魅力。通信速度はLTEの場合、下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsだが、高速通信がオフの場合は上下ともに最大200Kbpsとなる。

このサービスでは、SIMカード単品での販売と、スマートフォンとのセット販売、大きく分けて2種類のタイプの商品が展開される。スマートフォンとのセット販売で用意される機種は合計6機種で、「ASUS ZenFone 5」「freetel XM」「LG G2mini」「HUAWEI Ascend G6」「Nexus 7(2013)」「HUAWEI Ascend Mate7」から選択可能だ。ただし、Nexus 7は300台限定なので、注意してほしい。

端末代は一括の場合、下記の通り。24回分割も可能だ。

・ASUS ZenFone 5:31,000円
・freetel XM:28,800円
・LG G2mini:32,400円
・Ascend G6:29,800円
・Nexus 7:39,600円
・Ascend Mate7:49,800円


SIMカード単品販売では標準サイズ、マイクロサイズ、ナノサイズの3サイズから選択できる。

通信プランはMVNOサービスとしては珍しいくらいに細分化されており、ドコモ、au、ソフトバンクモバイルら大手通信各社のプランと似ている。

大きな区分としてデータ通信専用の「データSIMプラン」と、音声通話にも対応した「通話SIMプラン」が用意され、それぞれ、データ通信容量別に6つのコースが用意されている。1GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GBだ。月額料金はデータSIMプランの1GBが660円、3GBが1,280円、5GBが1,780円、7GBが2,280円、8GBが2,780円、10GBが3,680円、通話SIMプランの場合は、1GBから順に1,460円、1,980円、2,380円、2,880円、3,580円、4,480円となっている。

また、8GB、10GBコースでは、最大3枚のSIMカードで高速データ通信容量を分け合えるシェアコースもある。家族複数人で利用する際などにお得なプランだ。

現在はサービス開始を記念したキャンペーンも実施されている。通話SIMプランを新規契約した方には最大2ヶ月間基本料を0円にするほか、契約者全員に利用金額の10%の「DMMギフト券」が還元される、さらに「DMMゲームズ」で利用できるポイントが1,000ポイント貰える。

【情報元、参考リンク】
DMM mobile
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑