ワイモバイル、タブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」をスマホプランLとのセットだと月額1000円で提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ワイモバイル、ウィルコム沖縄は27日、LTEに対応したAndroidタブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」(ファーウェイ製)を12月4日に発売するが、この403HWはスマートフォンのデータ通信量をタブレット等の機器と共有できる「シェアプラン」に対応しているため、月額1,000円からで利用可能だと発表した。


シェアプランは12月4日から提供開始となるサービスで、既にスマートフォンで契約しているパケット通信サービスのデータ通信量を、タブレットなどの機器と共有することができる。

対象となるスマートフォン向けプランは「スマホプランS/M/L」で、最大で3回線までの子回線を追加でき、親回線とデータ通信量を共有することができる。

しかも、シェアプランの基本使用料は月額980円だが、スマホプランLとの組み合わせの場合は、「シェアプランセット割」を適用することができるので、基本使用料が無料になる。

そのため、403HWをシェアプランで利用した場合、スマホプランLとの組み合わせだと、端末代を除く通信費は無料ということになる。

そして、端末代は24,000円(税抜き)なので、24階分割の場合は、月々1,000円になる。すなわち、シェアプランでは月々1,000円の出費で403HWを利用できる、ということになる。

料金イメージ

403HWは、ワイモバイルとしては初となるAndroidタブレットで、OSはAndroid 4.4、ディスプレイは約8インチ、解像度1,280×800ドット、プロセッサはクアッドコア1.6GHz、メモリは1GB RAM、8GB ROM、バッテリーは4,800mAh、ボディサイズは約120×214.4×7.9mm、重さ約340gといった基本仕様だ。

ワイモバイルのスマートフォンを利用している方が、手軽なタブレットを一台、と思う場合には手頃かもしれない。

【情報元、参考リンク】
ワイモバイル/プレスリリース
Y!mobileオンラインストア
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑