LINE、公開アカウント「LINE@ ID」を提供へ。プライベートアカウントとは別に様々なユーザーと交流できるアカウントを取得可能。複数アカウントも可

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは9日、LINEは9日、事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」を開催し、いくつかの新サービスを発表した。本記事ではその一つである、「LINE@ ID」及び「LINE@アプリ」について紹介したい。他の新サービスについては記事末尾に記したリンク先から確認してほしい。

LINE@の利用イメージ

「LINE@ ID」とは、全てのLINEユーザーを対象に提供されるサービスで、従来のプライベートなアカウントとは別に取得できるもう一つにLINEアカウントになる。

LINEのアカウントは基本的にはプライベートなもので、実生活で交流がある家族や友人、知人、同僚などと、クローズドな環境でのコミュニケーションを中心としている。しかし、Twitterのように、オープンな、より広い範囲でのコミュニケーションをLINEを使って行いたいという需要もあり、今回新たに登場するアカウントはそれに応えたものとなる。

法人、個人問わず、この「LINE@ ID」を取得することができ、さらには複数アカウントを取得することも可能となっている。このアカウントは従来のアカウントとは違い、様々なユーザーと広くコミュニケーションを取ることができる。

専用の「LINE@アプリ」を使ってアカウントを取得すれば、フォロワーへの一括送信、1:1のトーク、ホーム/タイムラインへの情報発信を行うことができる。

このサービスは、既に法人向けにはビジネスアカウント「LINE@」として提供済みで、各種店舗、メディア、行政などが利用しているが、今回、新たにジャンルを問わない法人、そして個人にまでその範囲が広げられた。

サービスの提供時期は年内の予定で、詳細は準備が整い次第発表される予定。

【情報元、参考リンク】
LINE/プレスリリース
LINEが決済サービス「LINE Pay」を今冬提供へ。オンライン決済の他、提携店舗でも可。LINE友人との割り勘や送金も可能。カードか事前チャージで利用
LINE、手軽にタクシーを呼べるサービス「LINE TAXI」を今冬提供へ。LINE Payで支払い可能
LINE、エイベックス、ソニー・ミュージックと組み、音楽配信サービス「LINE MUSIC」を提供へ
LINE、百貨店やショッピングセンターなどの施設内ナビ「LINE Maps for Indoor」をAndroid限定で今秋提供へ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑