auのAndroidスマートフォン向けに電話帳や位置情報などの情報への各種アプリからのアクセスをまとめて設定・制御できる「プライバシーデータ設定」機能が提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、KDDI研究所は20日、auのAndroidスマートフォン向けに「プライバシーデータ設定」と呼ばれる機能を提供すると発表した。10月以降に発売となるau Androidスマートフォンには標準搭載される。利用料金は無料だ。

利用イメージ

AndroidスマートフォンにはGoogle Playなど様々なアプリマーケットから各種アプリを自由にインストールすることができるが、各アプリは端末内の様々な情報にアクセスする。

例えばSNSアプリであれば、大抵のものでは電話帳データへのアクセスを求めるし、マップアプリや店舗情報を扱うアプリなどでは端末の位置情報へのアクセスを求めるものもある。このようにアプリによって端末内の様々な情報にアクセスするわけだが、危険なアプリにアクセス権を与えるわけにはいかない。

今回KDDI/KDDI研究所が提供する「プライバシーデータ設定」機能は、このような各種アプリからの情報へのアクセスを制御する。

この機能を使えば、au Market以外の経路からダウンロードされたアプリが様々な利用者情報にアクセスした場合にダイアログボックスで通知してくれる。さらに、アプリごとに利用者情報種別(電話帳、位置情報、電話番号)ごとのアクセス可否の確認及び設定ができるようになる。

各アプリの設定をまとめて確認・変更できるので便利だ。

ただし、標準設定では「プライバシーデータ設定」機能はオフになっているので、使いたい方は設定画面から利用設定を行う必要がある。

10月以降に発売のau Androidスマートフォンを購入する方はこういう機能を使えるということを頭に置いておきたい。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑