頓智ドットの「セカイカメラ」が2014年1月22日をもってサービス終了へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
セカイカメラ
頓智ドットは17日、同社が提供するサービス/アプリ「セカイカメラ」の提供を2014年1月22日をもって全て終了すると発表した。

セカイカメラはAR(拡張現実)アプリの先駆けの一つとして一世を風靡したアプリだが、今回、残念ながら終了の運びとなった。過去にユーザーが投稿したエアタグのデータについては、地理情報システムの標準データ形式であるKML形式のデータとしてエクスポートできるので、各自バックアップが可能だ。

そして、この出力されたKMLデータはGoogleのサービス「Google Earth」で表示することもできる。

サービスが終了すると、登録していたアカウント情報、投稿したエアタグなど、全ての情報が削除されるため、ユーザーの方はデータのバックアップなどの措置を採っておこう。

なお、同社は今後、セカイカメラの進化版である「tab」に注力するとの方針を示している。

【情報元、参考リンク】
頓智ドット/セカイカメラは2014年1月22日に全てのサービスを終了します
Google Play/セカイカメラ
tab公式サイト
【コメント】 1 件
  1. あ、結構注目されたのを知ってたけど、こうなったのか。ふむふむ。

    2013年12月18日 18:06

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑