ドコモが安室奈美恵さんのライブを8KのVR映像で楽しめるアプリ「VR stage」を配信開始!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は16日、デビュー25周年を迎える安室奈美恵さんとのタイアップの一環として、安室さんのライブパフォーマンスをリアルな高精細8KのVR映像で体験できるアプリ「namie amuro x docomo VR stage」(Google Playでのアプリ名は「VR stage」)を配信開始したと発表した。アプリはAndroid版とiOS版が用意され、無料で利用できる。


ドコモは、スマートフォンで楽しめる8KのVRミュージックビデオとしては世界初だと紹介している。実際、そもそも8KのVRコンテンツ自体を見かけないので、ミュージックビデオに限らず貴重だろう。筆者もVRコンテンツは「Galaxy S8」と「PlayStation VR」で好んで楽しんでいるが、動画に関しては最低3K、できれば4Kだとかなりの質感・リアルさとなる。

アプリを起動すると、画質を選択できるようになっている。「すごくきれい(8KVR)」と「きれい(2KVR)」だ。


スマートフォンのディスプレイの解像度が低くても通信回線が速いのであれば8KVRを選ぶ方がいい。8KVRの場合は、今回配信されている映像の全体の画素数は7680 x 3840ドットなので、左右それぞれの画像は横が半分の3,840ドットになる。

ただ、実際に視聴してみると他の4KVRと変わらない、というか他の4KVRの方が綺麗に見えるくらいなので、あまり過度に期待しない方がいいかもしれない。というのも、今回の映像は360度VRとなっている。となると、180度の4KVR映像と解像度は大差ないことになってしまうわけで、普段から180度の3Kや4KのVR映像を視聴している人にはあまり感動がないと思う。

とはいえ、安室奈美恵さんの目の前にカメラがあり、安室さんの動きに合わせてカメラも近接した位置で追ってくれる上、360度VRなので、まるで自分もステージに上がって、間近で安室さんのライブを観ている感覚は得られる。この臨場感は普通のライブ映像では絶対に味わえないものだし、リアルのライブでもここまでの接近はできないので、ぜひ体験してみてほしい。

8KVRを快適に視聴するには少なくとも50Mbps程度の通信速度が必要なので、できれば光回線などを使った家の固定回線を使えるWi-Fiでの視聴を勧めたいが、映像の尺は短いので、ドコモのパケットパックの今月の余りデータ量がそれなりにあるのであればLTEで視聴しても構わないと思う。

今回の映像は、昨年11月からオンエアされている安室さん出演のテレビCMで使用されている楽曲「How do you feel now?」のスペシャルパフォーマンス。

Androidの場合はAndroid 5.0以降のOS、iOSの場合はiOS 10.0以降のOSを対象としている。VRゴーグルは市販品のどれでも特に問題ない。ただ、もちろん、レンズの質が良いゴーグルの方が見やすいし、Galaxyシリーズのユーザーであれば「Gear VR」の方がいいし、HTC U11のユーザーも同様に「HTC Link」の方がいいだろう。Gear VRの場合はUSB端子を接続して通常通りセットすると「Oculus Home」が起動してしまうので、Gear VRの接続コネクタ部を立てて、その内側にGalaxyを挟めば手軽だ。ただ、この時Galaxyに傷がつかないよう注意してほしいし、落下にも注意してほしい。Galaxy S8の場合はケースを装着していても嵌め込めるが、このような嵌め方はもちろん推奨されるものではないので自己責任で行ってほしい。

アプリは「Google Play」や「App Store」で「vrstage」で検索すればヒットする。もしくは下記のリンク先からダウンロードできる。



【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース(PDF)
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑