AnkerがPowerIQ 2.0搭載 第二世代モバイルバッテリー2機種を発売!容量1万mAhと2万mAh

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アンカー・ジャパンは15日、「Anker」ブランドのモバイルバッテリー新製品を2機種発表した。どちらも「PowerIQ 2.0」を搭載したモデルで、容量が10,000mAhの「Anker PowerCore II 10000」と容量が20,000mAhの「Anker PowerCore II 20000」。前者はAmazon.co.jpで3,299円、後者は4,799円となっており、すでに販売開始されている。

<▲図:「Anker PowerCore II 10000」(左)と「Anker PowerCore II 20000」(右)>

Ankerは接続機器に合わせた出力で充電できる「PowerIQ」技術と価格などで一気に広まったが、PowerIQ 2.0はその最新バージョンの技術。最大で18Wでの入出力が可能となっている。

特に入力側も急速充電ができることが大きな魅力だろう。

<▲図:「Anker PowerCore II 10000」の特徴
(※クリックして拡大)>

<▲図:「Anker PowerCore II 20000」の特徴
(※クリックして拡大)>

Anker PowerCore II 10000とAnker PowerCore II 20000、どちらもQuick Charge対応充電器で充電することで短時間でフル充電できる。具体的にはAnker PowerCore II 10000は4時間、Anker PowerCore II 20000は5時間ほどでフル充電できる。入力電流/電圧は5V/2A、9V/2Aに対応している。

また、出力側も高出力で、5V/3A、9V/2A、12V/1.5Aでの出力が可能で、もちろんPowerIQ 2.0によって接続機器に合わせて自動的に調整される。出力ポートはAnker PowerCore II 10000が1つ、Anker PowerCore II 20000が2つ。

ボディサイズと重さはAnker PowerCore II 10000が96×62×22mm、約195g、Anker PowerCore II 20000が170×62×22mmで約369gとなっている。

高出力のモバイルバッテリーは最近ではTronsmartなども先行リリースしていたりとAnkerのライバル企業も増えてきたが、依然としてAnkerの人気は高い。すでにAnkerのモバイルバッテリーを使っていても、PowerIQ 2.0対応モデルに買い替えてしまうのもいいと思う。

下はAmazon.co.jpでの商品リンク。

 

【情報元、参考リンク】
Anker/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑