マツキヨとドコモが業務提携。dポイント対応、マーケティングでの協業など

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
マツモトキヨシホールディングス(以下、マツモトキヨシ)とNTTドコモ(以下、ドコモ)は30日、業務提携に合意したと発表した。今回の提携範囲は広く、マーケティング領域での協業、そして「dポイント」がマツモトキヨシの店舗で利用できるようになることなどが挙げられる。


ドコモユーザーにとってはマツモトキヨシでdポイントを使えるようになることが大きな変化の一つだと思う。購入額100円(税抜)ごとに1ポイント(条件次第では最大5ポイント。後述参照)のdポイントが貯まるようになる。これは2018年4月からの予定で、全国のマツモトキヨシの店舗で順次開始となる。

dポイントカード(dカード、dカードプリペイド)と同時にマツキヨポイントカードを提示することでマツキヨポイントも貯まるので、一度の買い物で2%のポイントを得られることになる。

さらに、dカードユーザーはより多くのポイントを得られる。マツモトキヨシでの買い物の際にdカード(具体的には、dカード、dカード GOLD、DCMX、DCMX GOLD)を使うと購入額100円(税込)ごとに3ポイント付与されるので、通常の1ポイントと合わせると合計で4ポイントを貰えることになる。

マツキヨポイントと合わせると最大で5ポイントとなる。

また、将来的にはマツモトキヨシのオンラインストアでの「dケータイ払いプラス」への対応も検討されている。

話を戻し、マーケティング領域での協業についてだが、両社が保有する会員基盤と広告宣伝媒体を活用した新たなマーケティング施策を実施する予定とのこと。ドコモの場合、約6,230万人のdポイントクラブ会員を抱え、マツモトキヨシも約2,500万人のマツキヨポイント会員を保有している。

マツモトキヨシが保有する購買データ、両社が保有する属性データ、アンケート情報等を連携、分析し、顧客一人一人に合わせたお得な商品やサービスについての情報を配信したり、それらをマーケティングソリューションとして企業向けに提供することなどを検討するという。


【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑