次世代技術採用の超薄型軽量のネームタグ型バッテリーTagが登場。曲げ、衝撃に強く切断しても液漏れや発火なし

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンク コマース&サービス(以下、「ソフトバンク C&S」)は20日、現在のスマートフォンやモバイルバッテリー等、多くのモバイル製品で採用されるリチウムイオンバッテリーと比べて安全性に優れ、薄型・軽量化も可能とされる次世代のバッテリーである「セラミックバッテリー」を使ったモバイルバッテリーを開発したと発表した。

<▲図:左がTagで、右は内蔵されるバッテリー>

同社は、このセラミックバッテリーをはじめとした次世代バッテリー技術を「Power Leaf」と命名し、今後、様々な製品展開をしていくという。

リチウムイオンバッテリー自体、魅力的な特性を備え、現在のモバイル製品を支える大きな役割を果たしてきたが、経年劣化や故障などによって発熱や発火が起こる可能性もあり、実際に、リチウムイオンバッテリーの発火事例というのはスマートフォンを始め、様々な製品で起きている。もちろん原因の全てがリチウムイオンバッテリーにあるわけではなく、他の原因から起きたものもあるが、発火の懸念があることは確かだ。

一方、次世代技術を使ったセラミックバッテリーは、曲げることも可能なので、当然曲げに強く、衝撃にも強く、さらには切断しても液漏れや発火が発生しない特性を持つという。そのため、とても安全なバッテリーだという。

また、薄型軽量で、自由な形に加工可能なフレキシブルさも持っているので、製品展開に関しても、従来よりも自由度が上がっている。しかも、薄型軽量なので、持ち運びもしやすい。

同社は、この次世代バッテリー技術Power Leafを採用した第一弾の製品としてネームタグ型のモバイルバッテリー「Tag」を開発し、7月20日から開催されている「SoftBank World 2017」で展示している。

一見するとただのネームタグにしか見えず、まさかモバイルバッテリーだとは思わない。非常に薄く、バッグやスーツケースにも手軽に取り付けられ、持ち運びも楽そうだ。ズボンのベルトなどにも付けられるだろう。

サイズは約62×175×5.0mmで、重さは約53.0g。バッテリーの容量は約700mAh。

<▲図:Tag>

モバイルバッテリーとしての特徴は、自然放電が少なく、フル充電から1年が経過しても約90%の残量を確保できること。さらに、切断したとしても液漏れや発火が起きないので安全だということ。そして薄型軽量だ。

ただし、実用上は物足りない部分もあり、出力はわずか0.4Aしかない。そのため、スマートフォンを急いで充電したいようなときには完全に力不足だ。しかし、それなりに時間を取れるときであれば、Tagだけでも十分充電できる。

普段使いのモバイルバッテリーとしては出力が低いので物足りないが、予備のモバイルバッテリーとしてカバンなどに取り付けておくのはかなり良さそうだ。発売日や販売チャネル、価格等はまだ明らかにされていないが、近いうちにリリースされることを期待したい。

【情報元、参考リンク】
Power Laef Tag製品ページ
ソフトバンク C&S/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑