ドコモ、5Gの実験で時速150kmでの移動時に2.5Gbpsでのデータ通信に成功!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は16日、Samsung Electronics Co., Ltd.(以下、Samsung)と共に28GHz帯という高周波帯域を使った(使用帯域幅は800MHz)第5世代移動通信方式(以下、5G)での無線データ伝送実験を実施した。結果、時速150kmで高速移動する自動車に搭載した端末に対して、2.5Gbpsを超える速度でのデータ伝送に成功した。


今回の実験は自動車での高速移動時に行う必要があることもあり、7日に富士スピードウェイで行われている。この実験は特急列車などで高速移動しているユーザーが5G端末を利用することを想定したもの。

これまでは高周波数帯では電波強度の減衰が大きく、高速移動中の無線データ伝送は難しいと考えられていたという。

そこで今回の実験では、「Massive MIMO」の特長である超多素子アンテナを用いて電波の放射エリアを特定方向に集中させる「ビームフォーミング」機能と、高速移動する端末の動きに合わせて電波の放射方向を制御する「ビーム追従」機能を用いている。

また、ドコモはファーウェイと組んで、4.5GHz帯の周波数帯を用いた実験も行っている。

この実験は10月3日から26日に横浜市のみなとみらい21地区において共同で実施されたもので、屋外に設置された23台の端末との間で、合計で11.29Gbpsの高速・大容量通信を実現している。多数の端末接続、高速・大容量通信、低遅延伝送を検証するための実験で、やはりMassive MIMOの特長の一つである多数の端末を同時接続するマルチユーザMIMO多重技術と、各端末の通信状況に応じて最適化した信号を超多素子アンテナから送信することで通信品質を最大化しつつ、他の端末への干渉を防ぐ送信プリコーディング技術を活用している。

<▲図:みなとみらい21地区での実験模様>

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑