レノボから画期的な2in1の「YOGA BOOK」が登場。キーボード部はペン入力パッドにもなり、メモ帳を重ねて書くことも可能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
レノボ・ジャパンは27日、「Halo(ハロ)」と名付けられた、ペン入力パッドにもなる特殊なキーボードを搭載した2in1のタブレット「YOGA BOOK(ヨガブック)」シリーズを発表し、予約受付を開始した。YOGA BOOKにはWindowsモデルとAndroidモデルがある。また、それぞれにWi-Fi版とLTE版が用意されている。

<▲図:YOGA BOOK。下の写真はパッド部に市販のメモ帳を重ねた状態>

特徴的なのはHaloキーボードで、一般的なキーボードと異なり、凹凸のないフラットな板になっている。キーボードとして使う時には、キーが光って浮かび上がる形で、タッチ式のキーボードになる。

しかも、振動を発生させて打鍵フィードバックを与える技術が導入されているため、一般的なキーボードの打鍵感覚とは違っても、全くフィードバックのないタッチキーボードとは異なる感覚を得られる。また、ユーザーの癖を学習し、キーの認識範囲を自動調整するような機能もある。例えば、「A」というキーを癖でよく左側にはみ出してタッチしがちの場合は、「A」キーの入力認識範囲を少し左側にまで延長するような対応をしてくれるという。

そして気になるペン入力パッドのモードだが、ワンタッチで切り替えることができて、キーボード面全体を使ってのペン入力ができる。電池不要の専用スタイラスペン「REAL PEN」にはワコムの技術が採用され、快適なペン入力が可能。

広々としたスペースでのペン入力ができるので、デジタルノートとして本格的に使うことができそうだ。



さらに、面白いのは、このキーボード部の上に市販の紙のノートやメモ帳などを置き、入力パッドに重ねて文字や絵を書くだけで、同時にYOGA BOOKの画面にもデジタルで書き込むことができる点。紙のノートとデジタルノートを同時に取ることができるので便利そうだ。

<▲図:様々なスタイルで使えることも特徴>

ディスプレイのサイズは約10.1インチで、解像度は1,920×1,200ドット。もちろんディスプレイもタッチ操作対応となっている。

Android版は約15時間の連続駆動ができ、Windows版は約13時間。

Web直販価格(税抜)は下記の通り。出荷は10月中旬以降の予定。
  • YOGA BOOK(Android版)WiFi-版:39,800円
  • YOGA BOOK(Android版)LTE版:44,800円
  • YOGA BOOK with Windows Wi-Fi版:52,800円
  • YOGA BOOK with Windows LTE版:59,800円

【情報元、参考リンク】
レノボWebストア
Amazon.co.jp/レノボ yoga book
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑