auの損害保険で70-89歳を対象の「au自転車向けほけんBycle S」が登場

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、沖縄セルラーは20日、「auの損害ほけん」のラインナップの一つとして、au損害保険株式会社を引受保険会社とする自転車向けの保険「au自転車向けほけんBycle S」の提供を10月3日より提供すると発表した。


「auの損害ほけん」にはすでに「au自転車向けほけんBycle」や「au自転車向けほけんBycle Best」があるが、今回新たに登場する「S」がつく商品では、加入者の年齢上限が緩和されている。

無印の従来商品(au自転車向けほけんBycle)では加入者の年齢上限が74歳だが、Sがつく商品では、89歳まで拡大している。同社によれば、Webで申し込みを行うことが可能な自転車向け保険において、89歳まで加入できる商品は損保業界初の事例ということだ。

この「au自転車向けほけんBycle S」は月額560円で、個人賠償最大2億円の補償や、自転車のロードサービスなどを受けることができる。これによって、74歳を過ぎても、健康で移動手段やスポーツとして自転車を運転したいというアクティブなシニア層の方に、安心して自転車を楽しんでもらうことができるという。

また、万が一、加害者でなく被害者になった場合でも法律相談費用や弁護士費用等が補償される。

このサービスの補償内容は下表の通り。

<▲表:補償・サービス内容(※クリックして拡大)>

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑