Motorola、Moto G新モデルを発表。G/G Plus/G Playの3機種を今夏発売へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Motorola Mobility(以下、Motorola)は17日、Androidスマートフォン「Moto G」ファミリーの新モデル3機種を発表した。今回発表されたのは「Moto G Plus」「Moto G」「Moto G Play」で、今夏発売される予定。


3機種それぞれスペックが異なるわけだが、Moto G Plusが最上位モデルにあたる。ディスプレイのサイズはMoto G PlusとMoto Gが5.5インチで、Moto G Playが5インチ。

それぞれ基本スペックを見ていきたい。



まずはMoto G Plusだが、5.5インチサイズで1920×1080ドットのディスプレイを搭載するAndroidスマートフォンで、OSはAndroid 6.0.1。CPUはQualcomm Snapdragon 617で、メモリは2GBもしくは4GBで、ストレージは16GB/32GB/64GBのいずれか。

ネットワークは4G LTEのCategory4をサポートする点が特徴で、他にはボディに防水ナノコーティングが施されている。急速充電や指紋認証センサーなども搭載されている。

2つ目はMoto Gで、こちらもディスプレイのサイズは約5.5インチで解像度もフルHD。OSもAndroid 6.0.1。CPUも同じSnapdragon 617で、メモリは2GB、ストレージは16GB/32GBのいずれか。ネットワークも4G LTEのCategory4をサポート。防水性ナノコーティングも施されている。

カメラがMoto G PlusとMoto Gでは異なる。Plusでは約1600万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラで、Moto Gでは約1300万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラを採用している。また、Moto Gは指紋認証センサーがカットされている。

2モデルの違いはカメラ、指紋認証センサーの有無くらいで、デザインもボディサイズ・重さも同じ。

最後にMoto G Playだが、こちらはディスプレイサイズが小さく5インチサイズで解像度は1280×720ドット。OSはAndroid 6.0.1で、CPUはSnapdragon 410、メモリは2GB RAM、16GB ROM。メインカメラは約800万画素、サブカメラは約500万画素。

【情報元、参考リンク】
Motorola/Meet the new Moto G Family: Whichever you choose, you get more of what matters most.
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑