【暫定簡易レポート】Android 6.0アップデートでXperia Z5の動作が軽くなり感動!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
昨日、NTTドコモ(以下、ドコモ)が「Xperia Z5」シリーズ3機種(Xperia Z5、Z5 Compact、Z5 Premium)へOSのバージョンをAndroid 6.0に上げる内容を含む最新のソフトウェア更新を配信開始しました。筆者もプライベートで使っているXperia Z5をアップデートしました。そのレポートをお届けします。

<▲図:Android 6.0になったXperia Z5(左)。アプリの切り替えもサクサクに(右)>

ただし、筆者がAndroid 6.0アップデートを導入したのは2日の19時頃のことで、それから数時間しか使っていないので、本当の実態はまだ掴めていません。それには数日は様子をみる必要がありますので、ひとまずタイトルには「暫定簡易レポート」と付けました。

本来であれば暫く使ってからレポート記事を用意すべきですが、今回のアップデートは感動したため、すぐに伝えたくなった次第です。

これまでも何だかんだで、それなりに満足して使ってきたXperia Z5でしたが、不満点もありました。それは単純なパフォーマンスです。それも重い処理を必要とする一部のゲームなどでの話ではなく、普段日常使っているときのことです。

メールを見たり書いたり、TwitterやFacebook、LINEを使ったり、Chromeでウェブサイトを見たり、キャンディークラッシュや星のドラゴンクエスト、グリムノーツなどのゲームで遊んだり、ちょっと写真を撮ったり、電話をしたり、という極々普通の操作時です。

調子がいい時はいいのですが、どうも頻繁に重くなるのが厄介で、その都度不要なアプリを閉じたり、メモリ解放したり、場合によっては再起動したりと面倒な処理をして凌いでいました。

ただ、一つ言いたいのは、重いとか軽い、というパフォーマンスは同じXperia Z5でも人それぞれ違います。インストールされているアプリの数、種類によって全く変わってきてしまうので、口コミも鵜呑みにはできないのがPCやスマホ・タブレットなどの機器の辛いところです。

筆者のXperia Z5には、レビューやチェック用に、かなりの数のアプリが入っています。さすがにゲームは同時に大量には入れられないので、他のスマホと分散していますが、それでも普通の人よりもアプリのインストール数は多いと思います。

また、インストール数が少なくてもパフォーマンス全体に悪影響を与え、ブレーキをかける厄介なアプリもたまにあります。もし自分のスマートフォンのパフォーマンスが急に遅くなったり、以前よりも重くなったと感じた場合には、新たに追加したアプリを一旦アンインストールして検証することをお勧めします。

話がそれましたが、私のXperia Z5はそれなりに遅くなる時間があったわけです。それでも耐えられないレベルではなく、妥協できる範囲でした。

ところが、昨日リリースされたAndroid 6.0アップデートを導入してビックリです。

基本パフォーマンスが大幅に向上しました。正直驚きました。今までのは何だったの? と思うくらいです。普通にサクサク動くようになりました。立ち上がってないアプリを最初に起動するときには若干待たされますが、それも以前より短い時間ですし、一旦起動するとアプリの切り替えもサクサクです。マルチタスクキー(最近使ったアプリキー)をタップしてアプリのカードをめくる処理もサクサクです。

Chromeも一旦起動するとあとはサクサクです。ホントにビックリです。

カメラも以前は立ち上げに数秒待たされていたのが2秒くらいになりました。しかも、一回起動してからは他のアプリからの切り替えはもっと速いです。

体感的には基本的なパフォーマンスが「ASUS ZenFone 2」や「Galaxy S6 edge」並みになった印象です。これらの2機種はかなりサクサクしていて日常使う分にはとても満足度が高いパフォーマンスだったのですが、Xperia Z5もそのレベルに行ったかもしれません。

それでいて、もう一つの驚きは発熱が少なくなった気がすることです。アップデート前は、「Galaxy S6 edge」のメタルフレームや背面上部ほど高温になることはありませんでしたが、Xperia Z5も裸で使うと普通には熱くなりました。触れないほどではないですし、普段はケースを付けているので、あまり気になりませんが、ゲームを長時間プレイするとそれなりに熱くなります。

ところが、アップデート後は明らかに発熱が減りました。

これらのパフォーマンス向上の理由・原因の言及は後回しにしますが、ともかくかなり感動しています。

Xperia Z5はカメラの性能やPS4 リモートプレイ機能など、満足する点は多々あれど、これまで筆者にとって基本パフォーマンスには若干の不満がありました。ところが、それが解消されたかもしれないのです。

実はアップデートによって新機能が追加されたり、一部UIが変わったり、使えなくなる機能があったりなど、色々と変化もあるのですが、一番大きな変化は基本パフォーマンスが良くなったことだと思います。

とはいえ、まだ数時間での話なので、数日経過すると「あれ? やっぱりそうでもないかもしれない」と思わされる瞬間が訪れる可能性もあります。そのため、単に一つの参考情報にとどめてください。

また、Android 6.0に対応していないアプリや不具合が確認されているアプリもあるかもしれないので、人によってはアップデートを急がない方がいい場合もあります。その辺りは各自確認して欲しいですし、何らかのトラブルが生じても責任を負うことはできませんので、ご了承ください。

ですが、ようやく手放しでXperia Z5を人に勧められるようになった気がします。そして、このパフォーマンスがこのまま続いて欲しいところです。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/OSバージョンアップのお知らせ
ドコモオンラインショップ/Xperia Z5 SO-01H製品ページ
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑