阪神電車でのWiMAX 2+のエリア整備が完了

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
UQコミュニケーションズは9日、阪神電気鉄道(以下、阪神電車)の各路線において、「WiMAX 2+」のエリア整備が完了したと発表した。

<図:阪神電車の車両>

阪神電車においては、屋外に設置した基地局によって以前から一部のエリアを除いてWiMAX 2+が利用可能となっていたが、利用しづらい地下駅のエリア整備が順次行われ、今回、全て完了した。

今回整備が行われた駅は下表の通り。

<図:今回、エリア整備が行われた駅>

上表以外の駅については地上駅なので前述したように屋外設置された基地局でカバーできている。WiMAX 2+は全国各地の地下エリア、地下駅・地下鉄におけるエリア整備が進んでおり、地下でも通信できる環境が整ってきている。

【情報元、参考リンク】
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑