カシオ、腕時計型のAndroid Wear「Smart Outdoor Watch」を発表。5気圧防水・MIL規格対応のタフネス仕様

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
カシオ計算機は6日、プラットフォームにAndroid Wearを採用し、タフな設計となっているスマートウォッチ「Smart Outdoor Watch WSD-F10」を発表した。3月下旬より販売開始する。

Smart Outdoor Watch WSD-F10

カラーバリエーションはオレンジ、グリーン、ブラック、レッドの4色で、メーカー希望小売価格は70,000円(税抜)。

カラーバリエーション

WSD-F10は、アウトドアシーンで頼れる製品として、5気圧防水性能に加え、米国防総省の調達基準であるMIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したタフネスさを持っている。

具体的にはMIL規格準拠の落下、振動、湿度、太陽光照射、低圧保管、低圧動作、高温保管、低温保管、温度衝撃、氷結といった試験をクリアしている。

機能面では、トレッキングやサイクリング、釣りなどのアウトドアシーンで役立つアプリが準備され、自然環境の変化や活動量を計測するアプリもプリセットされている。細かく言うと、コンパス、気圧、高度、日の出、日の入り時刻、タイドグラフ、活動グラフなどをリアルタイムで把握することができる。さらに、OSは Android Wearなので、Google PlayからAndroid Wear向けの各種アプリを自由にインストールし、機能拡張することもできる。

また、現在地付近の雨の様子が一目でわかるお天気アプリも用意されている。

フィットネス、スポーツのアクティビティ記録には「Runkeeper」を活用できる。スマートフォンですでに利用している方もいると思うが、WSD-F10でも利用できる。

ディスプレイにはモノクロ液晶とカラー液晶を重ねた二重構造ディスプレイを採用する。様々な計測情報やアプリをカラー液晶で表示する一方、時刻情報のみをモノクロ液晶に表示する「タイムピースモード」というモードを選択することで、電池寿命を1か月以上に伸ばすことができるという。要するに「腕時計」として使う分には1か月以上持たせることが可能ということになる。

タイムピースモード

これはAndroid Wear採用製品だけでなく、多機能なスマートウォッチ製品では珍しいほどの電池の持ちで、アウトドアでも安心して使用できる理由の一つになる。ただし、このモードを使わずに通常使用した場合の持ちは「1日以上」とされている。おそらく1日と少し、というところなのだろう。

ディスプレイのサイズは1.32インチで、カラー液晶の解像度は320×300ドット。

また、カシオ計算機のデジタルカメラ「EXILIM Outdoor Recorder EX-FR100」と連携するアプリも搭載し、「WSD-F10」でカメラを遠隔操作することもできる。

ディスプレイの表示デザイン「ウォッチフェイス」もいくつか用意されているが、Google Playで配信されている一般向けのウォッチフェイスを使うこともできる。

ウォッチフェイス例(*クリックして拡大)

通信機能はBluetoothとWi-Fi(IEEE802.11 b/g/n)を搭載する。

ボディ部分のサイズは61.7×56.4×15.7 mmで、重さはバンドを含んで約93 g。

なお、連携スマートフォンはAndroidだけでなくiOSも可能だ。

【情報元、参考リンク】
WSD-F10製品ページ
Amazon/WSD-F10検索ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑