楽天が体制変更。フュージョンが運営する「楽天モバイル」事業を楽天に譲渡。フュージョンは楽天コミュニケーションズに商号変更

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
楽天は5日、楽天グループの通信サービス会社であるフュージョン・コミュニケーションズが運営する通信サービス「楽天モバイル」の事業を楽天に譲渡することで合意したと発表した。

事業譲渡日は12月1日になる予定で、ユーザーは今までと変わりなくサービスを利用することができる。ユーザーからは特に何の手続きも必要ない。

今回の事業譲渡によって、楽天はサービスの提供主体と通信回線調達の役割を明確にすることで、より柔軟な事業展開を目指すとしている。また、今後はこれまで以上に楽天モバイル事業に注力するとのことだ。

なお、フュージョン・コミュニケーションズは12月1日付けで商号を変更し、本社を移転する。商号は「楽天コミュニケーションズ株式会社」となり、新本社は東京都世田谷区玉川一丁目14番1号。本社移転は12月1日を待たず、順次移動を行う。

商号変更の理由は、楽天グループとしての位置づけを明確にするため、とのことだ。これは一般ユーザーから見たとき、フュージョン・コミュニケーションズが楽天グループの会社とは分かりにくかったため、その通りかもしれない。また、本社移転によって楽天グループ各社とのより効率的なオペレーションを実現し、相乗効果を最大限に発揮させていく、とのことだ。

【情報元、参考リンク】
楽天/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑