自作スタンプの制作販売プラットフォーム「LINE Creators Market」で売上分配金の受け取り手段にLINE Payの選択が可能に。振込手数料0円

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
LINEは、無料通話・無料メールアプリ「LINE」上の「トーク」機能で使えるスタンプをユーザーが自作し、一般向けに販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」を運営中で、クリエイターは自作スタンプの売上のうち、分配金を指定金融機関の口座への振込で受け取れるようになっている。


しかし、振込の際には一律で540円(税込)の振込手数料が発生していたため、利益が540円分減る形になっていた。

今回、LINEは、分配金の受け取り手段として、10日よりLINEの決済サービス「LINE Pay」を選択可能とした。LINE Payを選択した場合、LINE Pay口座への振込には手数料が一切発生しないので、分配金をそのまま受け取ることができる。

ただし、LINE Pay口座から銀行などの金融機関に出金する際には手数料216円(税込)が掛かるので、結局のところ手数料が完全にゼロになるわけではないが、選択肢が増えたのはいいことだろう。また、2015年10月31日までの間に関しては、キャンペーンで、LINE Pay口座から銀行などの金融機関の口座への出金時の手数料は無料となっているので、暫くの間はLINE Pay経由だと手数料要らずということになる。

具体的には、LINE Payの設定で本人認証を行い、10月31日までに分配金の送金申請が完了したクリエイターが対象で、分配金を受け取った日から12月末まで、LINE Pay口座から金融機関口座への出金手続きを無料で行える。

詳しい設定方法はLINE Creators Marketの公式ブログで紹介されている。

【情報元、参考リンク】
LINE Creators Market公式ブログ/今ならお得! スタンプ売上の分配額の送金でLINE Payを使うと振込手数料「540円」分が無料
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑