auとWiMAX、山開き期間中の富士山頂のエリア対策を発表

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、UQコミュニケーションズは22日、今年の山開き期間中の富士山頂における通信サービスのエリア対策について発表した。

UQコミュニケーションズ 建設部門 高橋裕氏 撮影

まず、auに関しては7月4日からエリア化が行われる。期間は9月上旬まで。また、山頂の山梨県側については7月上旬にエリア化される予定。ただし、登山口・登山道については一年を通じて4G LTEを利用可能となっている。

山小屋や休憩所などの建物内については、中継装置を設置してエリア品質の拡充が行われる。

結果、利用可能となるエリアは下記の通り。
  • 富士山頂
  • 吉田口ルート (山小屋・登山口・登山道)
  • 富士宮口ルート (山小屋・登山口・登山道)
  • 須走口ルート (山小屋・登山口・登山道)
  • 御殿場口ルート (山小屋・登山口・登山道)

UQコミュニケーションズは7月上旬からエリア化する。場所は富士山頂 吉田口ルート 山小屋付近で、WiMAX 2+のみのエリア整備になるということだ。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
UQコミュニケーションズ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑