NEC、4本アンテナ利用で1733Mbpsの高速通信が可能な11ac対応ホームWi-Fiルーター「Aterm WG2600HP」を5月22日に発売へ。複数端末同時接続時の速度低下も少ない

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Aterm WG2600HP
NEC及びNECプラットフォームズは8日、無線LAN(Wi-Fi)の最新規格であるIEEE802.11ac(以下、11ac)において、4本のアンテナを利用する4ストリームに対応することで、5GHz帯で最大1733Mbpsでの通信が可能なホームWi-Fiルーター「Aterm WG2600HP」を22日に発売すると発表した。

この製品は11acの技術である「MU-MIMO」(Multi User - Multiple Input, Multiple Output)に対応することで、スマートフォンやパソコン、タブレット、ゲーム機など複数のWi-Fi機器を同時接続したときでも通信速度が低下せず、快適な通信が可能だという。

また、NECの先端技術である世界最小クラスのμSRアンテナをいかした新しいアンテナシステムを採用することで、従来技術のアンテナと比べて実効通信速度で約20%、実測値で100Mbps以上の速度向上を実現している。

11acは今や多くの対応スマートフォン、タブレット、ノートPC等が流通しているので、11acの利用者も多いと思うが、Aterm WG2600HPでは、前述の通り4本アンテナを採用した4ストリームへの対応で、5GHz帯では最大1733Mbps、2.4GHz帯でも最大800Mbpsでの通信が可能なことと、複数台を同時接続しても速度が低下しにくい点が大きな特徴。

【情報元、参考リンク】
Aterm WG2600HP製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑