坂口博信氏率いるミストウォーカーのコンシューマーゲームが登場へ。「TERRA BATTLE」のコンシューマー版開発決定!アートブックの発売日も決定

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ミストウォーカーコーポレーションは30日、スマートフォン向けRPG「TERRA BATTLE(テラバトル)」のダウンロード数が200万を突破したと発表した。

テラバトルでは「ダウンロードスターター」という、一定のダウンロード数を突破したときに、予め決めていた公約に着手するという企画に取り組んでいる。今回の200万ダウンロード突破時の公約はコンシューマー版の開発。

ついに坂口博信氏率いるミストウォーカーによるコンシューマーゲームが久しぶりに出ることになった上、テラバトルのファンにはテラバトルのコンシューマー版も楽しめる、ということになる。

また、スマートフォン版についてもコンシューマー版の開発を行いつつ、進化させていく予定だという。

さらに、ダウンロードスターターは当初200万ダウンロード突破までの公約しか作られていなかったので、近日中にも210万ダウンロード以降の公約が発表される予定だという。

200万ダウンロード突破!

なお、今回200万という大台を突破したことを記念し、ゲーム内サウンドを先日開催されたコンサートのライブ演奏に5月1日9時から変更したり、5月1日から6日までエナジープレゼントのキャンペーンを実施したり、200万ダウンロード突破記念動画の公開なども行われている。



そして、130万ダウンロード突破時の公約であるアートブックの予約受付も始まっている。発売日は5月22日だ。

藤坂公彦氏監修のアートブック「TERRA BATTLE ARTWORKS(テラバトル アートワークス)」

下はアートブックのAmazon.co.jpでのリンク。






【情報元、参考リンク】
TERRA BATTLE公式サイト

(C)MISTWALKER
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑