auが2014年度の企業別CM好感度ランキングでNo.1を獲得。2位はソフトバンクモバイル、3位はサントリー食品インターナショナル

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは8日、CM総合研究所による2014年度(2014年4月度から2015年3月度)のCM好感度No.1企業として「ベスト・アドバタイザー」に選出されたと発表した。

auのCM、「三太郎」シリーズ

「2014年度 企業別CM好感度ランキング」は、CMに関する調査を行うCM総合研究所が1年間に在京キー5局で放送された全てのCMを対象に、CM放送効果と消費者への訴求効果が優れた企業を発表するもの。

2014年度に放送されたCMの総数は全部で1,968社、7,697銘柄、16,265作品になる。

その中からauのCMシリーズ(全56作品)が「2014年度 企業別CM好感度ランキング」のNo.1を獲得している。

特に今年1月1日から放映開始となっている「三太郎」シリーズが好評だったようだ。桃太郎、浦島太郎、金太郎の三太郎に加え、現在は、桃太郎の彼女としてかぐや姫も登場し、ストーリーが続いている。

KDDIは前年度は3位だったので、今年度のCMでジャンプアップした形だ。

一方、2位にはソフトバンクモバイルが入っている。犬のお父さん、上戸彩らが出演する「白戸家」シリーズが現在も健在で、そこにダチョウ倶楽部、吉田鋼太郎、指原莉乃など新しいゲストも出演するなど、様々な展開を見せている。

3位にはサントリー食品インターナショナルが入った。缶コーヒーの「ボス」のCMでは、「宇宙人ジョーンズの地球調査」シリーズなどが人気だ。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
CM総合研究所/プレスリリース(PDF)
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑